あにまるセカンドライフin岡山 

愛護センター、保健所などからのレスキュー活動、日常の出来事

飲酒運転根絶:…犠牲になった高校生待ち続ける犬

.


 福岡県粕屋町で2011年2月、飲酒運転の車にはねられて亡くなった山本寛大(かんた)さん(当時16歳)の愛犬「こゆき」が出演する啓発用CMが完成した。寛大さんとの散歩道を1匹で通るシーンなどで、大事な人の命を奪う飲酒運転の根絶を訴える。撲滅のため活動を続ける寛大さんの母美也子さん(45)に共感した人たちが発案、協力した。街頭ビジョンやイベントでの上映を募っている。【尾垣和幸】

 こゆきは柴犬(しばいぬ)の雌で8歳。寛大さんが小学5年生の秋に家族の仲間入りをした。寛大さんはこゆきが小さい頃は自転車のかごに入れて出歩き、大きくなってからは散歩を欠かさなかった。

 寛大さんは高校1年生の時、同級生とともに飲酒運転の男の車にはねられ亡くなった。事故後、こゆきは遺影の前で涙を流す美也子さんに寄り添い、仏壇の前の座布団が寝床になった。

001_20140813175226c83.jpg


 映像は、飲酒運転根絶を訴える効果的な手段として、美也子さんの活動に協力する知人が提案した。つてをたどって大手自動車メーカーのCMなどを手がける映像クリエーターの服部正典さん(35)=水戸市=に依頼した。

 服部さんは1月、仏壇の前で寝そべるこゆきを見て、一気にイメージが湧いたという。「寛大さんを今でも待っているように感じた」。5月末、散歩のコースだった寛大さんの母校の中学校などで約9時間かけて撮影した。

 CMは30秒間。寛大さんを探すようにこゆきが1匹で思い出の散歩コースを寂しそうにたどる姿が続き、夕日の中でたたずむ最後のシーンに寛大さんの同級生の愛知望美さん(20)が「やめよう飲酒運転」とナレーションを入れた。制作費は美也子さんの協力者からの寄付金でまかなった。

 警察庁によると、飲酒運転による交通事故は厳罰化や取り締まり強化などにより、03年の1万6376件から13年は4335件に減少した。死者数も781人から238人に減っている。しかし、この5年間は200人台で横ばい状態が続いており、今年も5月末までに全国で102人(前年同期比5人減)が死亡するなど、飲酒運転根絶にはほど遠い状況だ。

 美也子さんは「撮影中のこゆきに『寛大のために頑張って』と言葉をかけると、いい演技をしてくれた。大切な人を失った悲しみは誰にでもある。その悲しみを想像できるようになれば、飲酒運転もなくなる」と願う。

002_2014081317522696b.jpg

毎日新聞より転載記事


ランキングをクリックしていただけますと、うれしい限りです。
    



      ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

里親募集(猫) ブログランキングへ

不良飼育者を規制しないで殺処分0なんて不可能なのは少し考えればわかる

相手の言葉ではなく、行動を見る。これが他人に振り回されない方法。

殺処分を無くすには、批判ではなく、具体的な行動を、何がしたいかが大事。

動物を大切にして、しかも黙々と、声高に自慢せず評価は第三者がするもの

自画自賛は心にしまっておくもの。他人のやり方を認める。




下の写真をクリックしていただくと、
アマゾンのほしいものリストに飛びます。
いっぱい並んでます(^^;
その中からでも、
また支援者さまのお気に入りのお店からでも
どうかご支援お願いいたします。

スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント