あにまるセカンドライフin岡山 

愛護センター、保健所などからのレスキュー活動、日常の出来事

上半身をスプレー塗装された犬 市内で保護【苫小牧】 動物虐待犯!!

【7月9日追記】

無事飼い主さんのもとへ帰りました。
ご協力頂けた皆さまありがとうございました。



苫小牧民報 - 2014/07/05 15:18


Br21tv7CUAEDHzI.jpg


スプレーでいたずらされた犬

 苫小牧保健所は3日夜、市内沼ノ端のウトナイ団地で発見された迷い犬を保護した。犬は、青色のスプレー塗料を上半身に掛けられ、常時人間を警戒している状態。人間不信が明らかな保護犬は、譲渡も困難であるため、殺処分に至るケースが少なくないという。

 犬は雑種の雄で、推定年齢5~10歳。3日、市環境生活課職員が同団地付近で発見した。見つかった時点ですでに、塗料でいたずらされてから時間がたっていたという。人間が近づくと、走って逃げてしまうなど警戒意識が強く、追加の職員も応援に駆け付け、4人がかりで1時間半をかけて保護した。スプレーなどでいたずらされた動物が見つかるのは非常に珍しく、保健所職員も「初めてに近い事例」と驚いている。

 保護後も、保健所職員を常時警戒しており、人前で餌を口にすることはなく、散歩もできない状態。暴行、いたずらは精神的な衝撃も大きいため、回復には時間がかかるという。保健所での保護期間も限られるため、その間に譲渡先が決まらなければ、殺処分となる。

 犬への暴行、いたずらは動物愛護法などや器物損壊罪で処罰の対象ともなる

。同保健所では「最悪の事態を防ぐためにも、見つけたら速やかに通報いただきたい」と呼び掛ける。



ランキングをクリックしていただけますと、うれしい限りです。
    



      ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

里親募集(猫) ブログランキングへ

下の写真をクリックしていただくと、
アマゾンのほしいものリストに飛びます。
いっぱい並んでます(^^;
その中からでも、
また支援者さまのお気に入りのお店からでも
どうかご支援お願いいたします。

スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント