FC2ブログ

あにまるセカンドライフin岡山 

愛護センター、保健所などからのレスキュー活動、日常の出来事

愛犬が大けがの飼い主を救う、“人生最大の危機”に献身的な行動。





昨年11月、慣れたコースでスキーを楽しんでいた米国のある男性は、思わぬ窮地に陥った。滑っている最中に岩に衝突して谷の下へと落下すると、凍っていた木の幹に体を強く打ち付け、首の脊椎を損傷する大けがを負ってしまったのだ。凍える雪の中で体も動かなくなり、まさに命の危機に陥った男性。




そのとき、連れて来た飼い犬が献身的にサポートする行動を取ってくれたおかげで、命を落とさずに済んだそうだ。





2014-01-06-160534.jpg



米放送局FOX系列KDVRやCBS系列KCNC-TVなどによると、深刻なスキー事故から生き延びることができたのは、コロラド州タバーナッシュに住むレナード・ソマーズさん。昨年11月2日、彼は「50回は滑った」というタバーナッシュ近郊にある山のスキー場へ、甥と一緒に出かけていた。そしていつしか甥と別れ、1人気ままにスキーを楽しんでいたソマーズさんだったが、慣れたコースとあって油断もあったのか、この日彼は人生最大の危機に直面してしまう。




滑っている途中で岩に衝突してしまったソマーズさんは、谷の下へ落ちたときに凍っていた木の幹に背中から激突。その衝撃で首の脊椎を損傷してしまい、雪の中に埋まったまま動けなくなった。意識を取り戻して「体が動かないことを悟った」という状態の中、そばにいたのは、一緒に滑りを楽しんでいた愛犬で5歳のシベリアン・ハスキー犬、ジュノーだけ。しかし主の危機を察知した彼女は、その後献身的な行動を取り出して、彼の救助に大きな役割を果たしたという。




事故直後、雪の中で動けなくなった飼い主のために、彼の体の周りにあった雪を懸命に取り除いた上、30分ほど寄り添って「暖め続けてくれた」というジュノー。さらに主には「援助が必要だと分かっていた」彼女は、やがて近くにやって来たスキーヤーたちの声が聞こえると、即座に彼の元を離れて走り出していった。そして、谷の下で「パニックになっていた」ジュノーの存在に気付いた女性が後を追い、発見されたソマーズさんは救出され、病院へと運ばれたそうだ。




ジュノーのおかげで、辛うじて命は助かったソマーズさん。しかし事故に遭った代償は大きく、今後再び歩けるようになるのかは現時点で「分からない」という。それでも、ジュノーが適切な行動を取ってくれなかったら「もっと悪い結果もあり得た」と、愛犬に対しては心から感謝している様子。「いつかまた歩けるようになりたい」と話している彼は、現在行っているリハビリ治療でも愛犬のサポートを受けながら、一緒に日々取り組んでいるそうだ。





皆様の温かいご支援を心よりお待ちしております!



  ぶひ.ぶる.グリコセカンドライフキキン
 
  ゆうちょ銀行
  15470
  2590 8211





ランキングをクリックしていただけますと、うれしい限りです。
    



      ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村



不良飼育者を規制しないで殺処分0なんて不可能なのは少し考えればわかる

相手の言葉ではなく、行動を見る。これが他人に振り回されない方法。

殺処分を無くすには、批判ではなく、具体的な行動を、何がしたいかが大事。

動物を大切にして、しかも黙々と、声高に自慢せず評価は第三者がするもの

自画自賛は心にしまっておくもの。他人のやり方を認める。
スポンサーサイト



Comment

ワンちゃん 偉いです

近所のおばちゃんも 台所で倒れて飼い犬のシーズーちゃんが 走って助けを呼んだことがありました(≧∇≦)

2014.01.09(Thu) 14:16       たぬとん さん   #-  URL       

たぬとん様

ワンコってほんとうに悪戯もするけど
ここって時に本領発揮で
頼もしいですね!
我が家の犬たちも日頃は寝てばっかり
食べてばっかり
文句いったばかり
だけどね。。
沢山のかけがえのない無償の愛をもらって生かせてもらってます。

2014.01.09(Thu) 21:36       ★グリコまま さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント