FC2ブログ

あにまるセカンドライフin岡山 

愛護センター、保健所などからのレスキュー活動、日常の出来事

独断で犬猫を殺処分、保健所非常勤職員を懲戒免

独断で犬猫を殺処分、保健所非常勤職員を懲戒免



 岩手県の一関保健所の非常勤職員が独断で犬や猫を殺処分していた問題で、同県は16日、同保健所の非常勤専門職員(56)を懲戒免職処分にした。




 また、指導監督する立場にあった保健所長や当時の上司ら12人を訓告処分、2人を口頭厳重注意とした。





 県によると、職員は2005年4月、当時あった一関保健所大東支所から本所に、犬や猫の処分に使う薬品を移すよう指示されたが、指示に従わず、公用車内に無断で保管。13年8月まで、その薬品を使って、法令などで定められた手続きを経ず、毎年約10匹の犬や猫を殺処分していたという。





 県はこれらの行為が、県動物愛護条例や環境省の告示などに違反すると判断し、処分を決めた。問題発覚後、職員は自宅謹慎となっていた。同保健所の調査に対し、反省の弁を述べているという。





 県人事課の大槻英毅総括課長は、「遺憾であり、このような事態が二度と起きないように、再発防止に努めたい」としている。




(2013年12月17日08時16分 読売新聞)より





皆様の温かいご支援を心よりお待ちしております!



  ぶひ.ぶる.グリコセカンドライフキキン
 
  ゆうちょ銀行
  15470
  2590 8211





ランキングをクリックしていただけますと、うれしい限りです。
    



      ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村



不良飼育者を規制しないで殺処分0なんて不可能なのは少し考えればわかる

相手の言葉ではなく、行動を見る。これが他人に振り回されない方法。

殺処分を無くすには、批判ではなく、具体的な行動を、何がしたいかが大事。
スポンサーサイト



Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント