あにまるセカンドライフin岡山 

愛護センター、保健所などからのレスキュー活動、日常の出来事

「感謝 勇気 感動の章 心を込めて「いただきます」「ごちそうさま」をより」






食肉加工センターの坂本さんの職場では毎日たくさんの牛が殺され、その肉が市場に卸されている。牛を殺すとき、牛と目が合う。そのたびに坂本さんは、「いつかこの仕事をやめよう」と思っていた。



 ある日の夕方、牛を乗せた軽トラックがセンターにやってきた。しかし、いつまで経っても荷台から牛が降りてこない。坂本さんは不思議に思って覗いてみると、10歳くらいの女の子が、牛のお腹をさすりながら何か話し掛けている。その声が聞こえてきた。



「みいちゃん、ごめんねぇ。みいちゃん、ごめんねぇ……」



 坂本さんは思った、「見なきゃよかった」



 女の子のおじいちゃんが坂本さんに頭を下げた。


「みいちゃんはこの子と一緒に育てました。だけん、ずっとうちに置いとくつもりでした。ばってん、みいちゃんば売らんと、お正月が来んとです。明日はよろしくお願いします…」


 

「もうできん。もうこの仕事はやめよう」と思った坂本さん、明日の仕事を休むことにした。



 家に帰ってから、そのことを小学生の息子のしのぶ君に話した。しのぶ君はじっと聞いていた。
 一緒にお風呂に入ったとき、しのぶ君は父親に言った。「やっぱりお父さんがしてやってよ。心の無か人がしたら牛が苦しむけん」


 しかし坂本さんは休むと決めていた。
 翌日、学校に行く前に、しのぶ君はもう一度言った。



「お父さん、今日は行かなんよ!(行かないといけないよ)」



坂本さんの心が揺れた。そしてしぶしぶ仕事場へと車を走らせた。 牛舎に入った。坂本さんを見ると、他の牛と同じようにみいちゃんも角を下げて威嚇するポーズをとった。



「みいちゃん、ごめんよう。みいちゃんが肉にならんとみんなが困るけん。ごめんよう」



と言うと、みいちゃんは坂本さんに首をこすり付けてきた。殺すとき、動いて急所をはずすと牛は苦しむ。 坂本さんが、

「じっとしとけよ、じっとしとけよ」



と言うと、みいちゃんは動かなくなった。 次の瞬間、みいちゃんの目から大きな涙がこぼれ落ちた。 牛の涙を坂本さんは初めて見た。




内容(「BOOK」データベースより)

16fa7a34_1230530347098.jpg

*牛の画像は、この記事とは関連がありません



犬猫などの殺処分問題も

殺処分を無くすには、批判ではなく、具体的な行動を、何がしたいかが大事。





ランキングをクリックしていただけますと、うれしい限りです。
     転載、リンクはフリーとさせていただきます。(転載の場合どこからの転載かご記入お願いいたします)



      ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

たった一頭の犬や猫を救っても、確かに世界は変わりません。でも救われた動物にとっては、これまでの恐怖に怯える世界が180度変化し、それが命を終えるその時まで永遠に続くのです。
スポンサーサイト

Comment

心をこめて「ありがとう」と言わなきゃね。
動物は自分の置かれている立場、ヒトの言葉を理解してると思います。
どんな小さな動物もね。

2013.10.11(Fri) 13:13       ぼるとの母ちゃん さん   #-  URL       

ぼるとの母ちゃん 様

動物も植物も心があって言葉を理解できていると思います。
色々な職業があって、我々は、生かされています。
消費しきれない生産や過剰なファション考えていく時代ですよね。

2013.10.11(Fri) 13:59       グリコまま さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント