FC2ブログ

あにまるセカンドライフin岡山 

愛護センター、保健所などからのレスキュー活動、日常の出来事

犬猫の殺処分ゼロへの願い込め花育てる




img1207021401.jpg



三本木農業高の生徒たちが、犬や猫の殺処分をゼロにしたい―と願いを込めて育てるサルビア=6月28日、十和田市



 犬や猫の殺処分をゼロにしたい―。青森県立三本木農業高校(十和田市)の生徒たちが、殺処分された犬猫の骨を引き取り、肥料として土に混ぜて花を育てる活動に取り組んでいる。伝えたいのは、ペットブームの裏側で繰り返される殺処分の現実と、飼い主の都合などで〝処分〟された動物たちの命の重さ。生徒は「殺処分がゼロになる方法をみんなで考えてほしい」と訴えている。(岩淵修平)



 
 活動を始めたのは、同校動物科学科愛玩動物研究室の3年生14人。骨を肥料にして校内で育てた花をプランターや鉢植えに分け、犬と飼い主が参加するイベントで配布したり、市内の保育園や老人ホームに届けている。
 受け取った人からは、「愛犬と同様、大切に育てたい」などの感想が寄せられる。木崎加奈子さん(17)は「動物を飼っている人もそうでない人も、考えるきっかけになれば」と願いを込める。



 活動のきっかけは3月の県動物愛護センター(青森市)見学。焼却後の骨が事業系廃棄物、つまり「ごみ」として捨てられているという事実に、生徒たちは大きなショックを受けた。石川原美結樹さん(17)は「何もしてあげられないのが悔しかった」と話す。



 どうすれば殺処分を減らせるか。話し合いの末、せめて骨を土に返し、多くの人に命の貴さを伝えようと、花を育てることを発案。活動は「命の花プロジェクト」と名付けた。



 同センターから引き取った骨は、生徒たちが手作業で砂状に細かく砕いた。焼け焦げた首輪や臓器なども残っており、泣きだす生徒も多かったという。それでも、殺処分をゼロに近づけようと、活動を続けている。



 一方、犬猫の骨を肥料として使うことに対し、「かわいそう」などという声もある。赤坂圭一教諭(39)は「賛否両論があるのは分かっているが、生徒の思いを伝える方法は、ほかに思い浮かばなかった。涙を流して感動してくれる人もおり、考えるきっかけになっていると思う」と語る。




 同センターによると、2011年度に殺処分されたイヌは788匹、ネコは2621匹に上る。イヌはやや減っているものの、ネコは増加傾向で、その半数以上が子ネコだという。


【写真説明】
三本木農業高の生徒たちが、犬や猫の殺処分をゼロにしたい―と願いを込めて育てるサルビア=6月28日、十和田市



5859278_2003576988_142large.jpg


毎年恒例♪に なりました! 倉敷自動車学校さまにて開催の 交通安全ふれあいまつりに 譲渡会&フリマで参加させて頂きます!!

10月6日 AM10時~15時まで

(住所) 〒710-0016  倉敷市中庄1822

  * グリコままは、出す犬が居ないのでお昼から
   お手伝いに行かせていただく予定です。


  
  



皆様の温かいご支援を心よりお待ちしております!



  ぶひ.ぶる.グリコセカンドライフキキン
 
  ゆうちょ銀行
  15470
  2590 8211





ランキングをクリックしていただけますと、うれしい限りです。
     転載、リンクはフリーとさせていただきます。(転載の場合どこからの転載かご記入お願いいたします)



      ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

たった一頭の犬や猫を救っても、確かに世界は変わりません。でも救われた動物にとっては、これまでの恐怖に怯える世界が180度変化し、それが命を終えるその時まで永遠に続くのです。

スポンサーサイト



Comment

いつもブログを拝見しております

ブログを拝見しながらいつも思っていることを今回書かせて頂きます。
最近のブログからはグリコままさんのお宅には保護犬がいらっしゃらないように見受けられます。しかし毎回ブログで義援金を募られていますが用途についてはどのようになっているのでしょうか。
私も里親になり、里子にもらった犬にかかった費用は請求され全額支払いました。
そこから考えると度々の支援を募られている考えが分かりません。
きちんとブログにてご説明頂きたいと思います。

2013.10.03(Thu) 22:51       こっちゃん さん   #-  URL       

こっちゃん様

13年度4月分から毎月カテゴリの中で会計報告および ご支援お礼で報告させていただいています。

毎回ブログの中でもお薬の画像や病院の領収書などの添付画像もだしています。

家族募集中の犬は現在居ませんが、終身保護のフレンチブルドッグのぶん太君が居ます。
その他、啓発活動や、保護活動も目には見えない活動もしています。

赤字になっても、出来る範囲の活動で不幸なになる、猫や犬などの不妊などの啓発活動や行政との話し合いなど行っています。

至らない点も多いですが①頭でも未然に死を避ける為、他府県のボラ様との連携もとって小さな微力な活動ですが細々と行っている次第です。

また、グリコ家は完全室内飼育、14時間エアコン、エアクリーナでの湿温度、空気など気を使っています。

食べるフードも1キロ単位も高い物を(与えています。

たとえば処方食、処方缶、オリジン、アーテミスなど、良質な人が食べれるお肉類や野菜果物等を毎回与えていますので
フード1つとっても安価な物とは、違いますので、費用も高くなりますが、これがグリコままの保護姿勢です。

また、ブル系などの飼育保護は、特に疾患等も多くお手入れにも気を使っていますので
人間用の赤ちゃん用品も多数使っています。

それぞれの活動方針や考えを尊重しています。

2013.10.03(Thu) 23:36       グリコまま さん   #-  URL       

14時間 x
24時間 ○

2013.10.03(Thu) 23:39       グリコまま さん   #-  URL       

http://buhibuhi2010.blog135.fc2.com/blog-category-29.html
「譲渡に関する」ところもしっかり読んでくださいね!
里親様にお願いする一部負担金だけが全てではありません。

また、保護場所、(自家製ドッグラン含む)整備及び修理、トリミングに出さないぶん、良質なシャンプー、入用剤、ガス、水道、電気、それらを洗濯するための洗剤や水道、電気もなどきりがないほどの費用発生もあります。

営利目的ではございません。
また、保護活動とは、保護するだけではなく
さまざまなリサーチや、譲渡後の確認、話し合い、飼い方の指導など多数の役割もあります。

それが、岡山県、岡山市、倉敷市の動物を扱っているセンター、保健所の、難しい審査を受け認定されたボランティアです。

たいへん貴重なご意見ありがとうございました。

2013.10.04(Fri) 08:47       グリコまま さん   #-  URL       

こっちゃん様


『私も里親になり、里子にもらった犬にかかった費用は請求され全額支払いました。 』

保護犬を家族に迎えて頂き有難うございます。

譲渡条件は、各団体、個人で違いますので
比べれません。

うちも、0円の犬も沢山居ます。
1頭50万円以上保護に費やしている犬もいますが、責任を持てる範囲での「レスキュー:「保護」「家庭犬の躾」「家族探し」を行っています。

色々な考え方がり、1つ1つ ロジカルに考えて自己判断しないと、ボランティア活動なんてできませんね!

一部悪な所もあるのは事実ですが、ブログを観覧されていると解って来ると思いますし、
ネットで検索すればなんとなくわかると思いますよぉ!

『費用は請求され全額支払いました。 』
と書かれていますが、グリコままにはどこまでの金額なのか何の請求額の全額なのか
申し訳ありませんがわかりません。




ワンちゃん大切にしてくだいね!




2013.10.05(Sat) 15:45       グリコまま さん   #-  URL       

メールフォームから書き込み頂きました
ガブガブ様

焼却された「骨」が「産業廃棄物」=ゴミ
それを、土にかえし、肥料に使い花を育てる為に使う。

2者選択

記事でも、賛否両論あるかと・・・となっています。

その方々の受け取り方だと思います。

一番は、不幸な動物をみんなで出さない努力だと痛感いたします。

2013.10.05(Sat) 15:50       グリコまま さん   #-  URL       

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2013.10.27(Sun) 15:21        さん   #         

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2013.10.27(Sun) 15:47        さん   #         

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2013.11.01(Fri) 02:26        さん   #         

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント