あにまるセカンドライフin岡山 

愛護センター、保健所などからのレスキュー活動、日常の出来事

独自判断で犬・猫殺処分 保健所非常勤職(怒)

独自判断で犬・猫殺処分 保健所非常勤職員


.
 県一関保健所は13日、50歳代の非常勤職員の男性が、公用車内に保管していた薬品を使い、独断で犬や猫の殺処分を行っていたと発表した。職員は、飼われていない犬の捕獲にあたる狂犬病予防技術員と、犬猫引取員を兼ねていたが、公示せず殺処分しており、県動物愛護条例に違反するとみられる。職員は2005年から毎年約10匹を処分していたという。





 発表によると、職員は8月6日、同市内で、所有者不明の十数匹の犬のうち8匹に、筋弛緩(しかん)剤と同じ成分の薬品を溶かした水溶液を注射し、殺処分した。目撃した市民から問い合わせがあり、発覚した。





 職員は05年4月、当時あった一関保健所大東支所から本所に薬品類を移した際、公用車内に薬品2・5グラム入りの瓶を保管した。薬品は毒劇物ではないが、中型犬約40匹を殺処分できる量という。内規で保健所の金庫で管理することになっていたが、職員は「凶暴な犬から身を守るため」と述べ、注射したことは「いずれ殺処分になるだろうと判断した」と話しているという。




(2013年9月14日 読売新聞)転載記事

【追記記事】

権限なく犬猫約90匹殺処分 一関保健所非常勤職員



 一関保健所(佐藤日出夫所長)は13日、犬や猫の殺処分の権限のない50代の男性非常勤専門職員が8年間にわたり、計約90匹を殺処分していたと発表した。佐々木康夫次長は一関市竹山町の一関地区合同庁舎で会見し、内部管理態勢の甘さを認め「徹底した再発防止策を講じる」と陳謝した。

 同保健所によると、この職員の業務範囲は、係留されていない飼い主不明の犬猫の捕獲、引き取りなど。県条例では殺処分は本来、獣医師の資格を持つ職員が行うとされている。

 職員は権限のないことを知りながら、人にかみついたことがある犬や、生後間もない捨て猫を中心に殺処分していた。現在は自主謹慎し、県は処分を検討している。












弛緩剤とは、字のごとく

筋肉を動かなくする薬です。

息もできなく

しかし、意識はあります。






こんな、一人で殺処分を出来る機関が

まかり通るじたい

どうなってるのか?

狂った、知識の低い非常勤であっても

役人は???


数名の「獣医師」「知識人」などで

決めてほしい。


虐待殺害だ!


そして、


捨てた 


あなた


持ち込んだあなた


餌だけ無責任に与えたあなた


共犯だ


旅行に家族で行くから保健所に持ち込みってか!!
家族じゃないのか?!
【手前勝手な飼い主ユーチューブ】

http://www.youtube.com/watch?v=tgXljIPy78E

ふざけんじゃねー(怒)

DCIM0944.jpg

ぶん太だって捨てられたけど精一杯
病気と闘いながらも生きてるぞ!!
ぶん太を病気にしたまま捨てた元飼い主
ぶん太の笑顔を見さらせ!!

皆様の温かいご支援を心よりお待ちしております!



  ぶひ.ぶる.グリコセカンドライフキキン
 
  ゆうちょ銀行
  15470
  2590 8211





ランキングをクリックしていただけますと、うれしい限りです。
     転載、リンクはフリーとさせていただきます。(転載の場合どこからの転載かご記入お願いいたします)



      ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

たった一頭の犬や猫を救っても、確かに世界は変わりません。でも救われた動物にとっては、これまでの恐怖に怯える世界が180度変化し、それが命を終えるその時まで永遠に続くのです。
スポンサーサイト

Comment

こんにちは…なんだか辛いですね‥最近、とくに思う事は自分は動物が好きだけど好きでない人は動物は動物でしかなく可哀想とは思うけど…たかが動物だしみたいな答えなんですよね。人間も動物も同じ大事な命!ママさんの今回の記事…こんなひどい…犯罪ですよね!!

2013.09.15(Sun) 18:00       犬子 さん   #-  URL       

犬子様

動物嫌いな人であっても、お金を頂いて仕事してるんです。
【慣れ】【職務上の怠慢】『どうせ、殺処分なんだからと考える浅はかな考え
危機管理不足の行政の流なんでしょが、最近はみんなの眼があります。
クリアーな行政を目指してほしいです。
昨年、某保健所でも、野良犬の収容に禁止になっている、いのししを捕るための道具を使っていて、新聞に載っていました。

悲しいですが、動物ボランティアを名乗る方も
愛誤活動をされている方多数です。

見極めが難しいですね!
犯罪はいつか、ばれる!!

2013.09.15(Sun) 20:08       グリコまま さん   #-  URL       

そうなんですね…う~ん…私がもっと頭が良かったら…力があったらブリーダーという仕事を、やめさせたい。子供を育てた事のある方が、のうのうとやってらっしゃる。親犬は?と聞くと犬舍です。と真顔でいう。?ありえないです。

2013.09.15(Sun) 21:16       犬子 さん   #-  URL       

犬子様

この動物問題はとてつもない大きな力と圧力がかかっています。
世論を大にして少しづつ変わらないと、表面だけ塗り替えられるだけです。
金のなる所には陰謀、嘘、心理的誘惑(多数意見正しいような)があります。

ブリーダーと言っても、「ピン」「きり」まであります。1つの犬種をとことん調べ、愛し、身体の負担や掛け合わせに至る繊細な問題点などを詳細に考え伝え、理解させて方のみが飼える犬を守り育てるのがシリアスブリーダーです。しかし、消費者の「安い」から悪犬屋が横行し、それを作ったのが消費者でもあります。
グリコままは、悪ブリーダーは、無くなればいいと思っていますが、シリアスブリーダーは、種の保存もかね向上心のある
良心的なシリアスブリーダーは必要だと思っています。
むろん、飼える人も選択されるべきだと考えています。

2013.09.15(Sun) 22:09       グリコまま さん   #-  URL       

あゆちゃんもそうですよね。あゆちゃんにはたくさんの笑顔見せてもらいたいな。ぶんた君も今は幸せな笑顔ですね。この笑顔見れるだけで幸せですよね。

2013.09.16(Mon) 11:46       てん さん   #-  URL       

てん様

あゆちゃんもセンター譲渡基準からみて、殺処分対象犬でした。

でも、少し努力するだけで笑顔で暖かなベッド、安心できる家族にめぐり合える可能性もあるんです。
安易に殺処分って。。。
沢山の慈悲深い人々が出てきてほしいし、小さな命を守れる人々を増やす努力をしなくっちゃね!

2013.09.16(Mon) 17:41       グリコまま さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント