あにまるセカンドライフin岡山 

愛護センター、保健所などからのレスキュー活動、日常の出来事

秋に多いアレルギー ぜんそく発作、ブタクサ花粉症も


写真風が強い日などにはブタクサの花粉が飛散する。秋の花粉症対策も必要だ(本文とは関係ありません)
風が強い日などにはブタクサの花粉が飛散する。秋の花粉症対策も必要だ(本文とは関係ありません)

seitakaawadachiL1.jpg



 暑さも落ち着き、寒暖の差が出てくるこれからの季節は、ぜんそくや花粉症などのアレルギーを引き起こしがちだ。家庭でしっかり対策を立てれば症状悪化は予防できる。用賀アレルギークリニック(東京都世田谷区)の永倉俊和院長に、秋に多いアレルギーと家庭でできる対策を聞いた。(清水麻子)



 ◆ぬいぐるみも注意



 永倉院長によると、これからの季節、まず心配したいのはダニによるぜんそく発作だ。ぜんそく発作の原因となるチリダニは6~8月に家庭内で増殖し、8~9月に死骸がたまる。死骸が乾燥し、ほこりと一緒に空中に飛散する秋から初冬が発作のシーズン。永倉院長は「今頃から少しずつダニや死骸、糞(ふん)などが家中にたまってきている可能性が高い」と警鐘を鳴らす。



 秋は台風が多いことや朝晩の気温の差が激しく自律神経が変調をきたしやすいことから症状が悪化しやすくなる。



 ぜんそく発作を予防するにはカーペットや畳、布団、エアコンなどの徹底的な掃除が必要。布団類は秋晴れの日にしっかりと干す。干した後は、敷布団には掃除機をゆっくりとかける。ぬいぐるみ類にも多く付着しているため、しっかり洗濯する。エアコンのフィルターは取り外して洗浄する。



 ◆風邪でもないのに



 最近、多いのが秋の花粉症。一般的には、ハルガヤなどのイネ科の花粉飛散は本州では8月末までだが、地球温暖化で9月までずれ込む可能性は否定できない。10月上旬以降はブタクサやヨモギなどのキク科の花粉が飛ぶようになる。



 中でも、特に目立つのはブタクサによる花粉症。戦後、米国から日本に入ってきた外来種のため、日本人はアレルギーを起こしやすい。都市部の空き地や緑地などにも自生し、風が強い日などは注意が必要だ。



 「風邪をひいていないのに鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの症状があれば、秋の花粉症の可能性は高い」(永倉院長)。外出の際はマスクをして、帰宅後は洋服などの花粉を落とす。専門医や耳鼻科などで受診し、内服薬を飲むなどすれば症状が改善される。



 また、アトピー性皮膚炎は、空気が乾燥する11月下旬頃から年末にかけて悪化することが多いという。今から対策を考えておくのもいい。



 ■専用の布団カバーで対策が可能



 アレルギー対策で特に重要なのが布団の管理だ。永倉院長は、アレルギー症状を抑える効果が医学的に証明されている「ミクロガード」の布団カバーを利用することがいいという。



 ミクロガードは、絹の約5分の1の細さの超極細繊維。開発したテイジンのグループ会社「テクセット」(東京都港区)によると、ダニやハウスダスト、花粉などはほぼ通さないという。



 ミクロガードの布団類は販売されているが、高価。そこで、永倉院長は普段使っている布団類にミクロガードのカバーをすることを勧める。「ミクロガードのカバーをしたうえ、敷布団や枕カバーには綿素材カバーをさらにすれば汗を吸収しやすく、肌触りも良い」。綿素材カバーは汗や皮脂などで汚れるので2週間に1度は洗濯する。ミクロガードのカバーは2~3カ月に1度、洗う。



 ミクロガードのカバーを外す際は注意が必要だ。布団の中にたまったダニの死骸などが出てしまうため、ゆっくりとカバーのファスナーを開け、たまったアレルゲンを掃除機で除去する。


産経新聞 より転載記事


毎回グリコ家でも秋から冬にかけて

お散歩から帰って来てからのアレルギーで

ブルドッグ藤和ちゃんも美雨ちゃんも、ぶん太君も

全身ぶつぶつになったり

お顔が殴られ多様にぼこぼこ腫れたり

足パッドが腫れあがったりと

気をつけていてもなっています。

皆さまも気をつけてお過ごしくださいませ。



DVC00432_20120321135948_2013091222071036c.jpg

ブルドッグ藤和ちゃんのアレルギー反応

10分ぐらいで赤いぽこぽこが出始め

あっという間に全身に

お顔も腫れて大変

お熱も出てきました。

即病院へ


DVC00094_20130912220651c5a.jpg
DVC00089_20130912220627479.jpg




皆様の温かいご支援を心よりお待ちしております!



  ぶひ.ぶる.グリコセカンドライフキキン
 
  ゆうちょ銀行
  15470
  2590 8211





ランキングをクリックしていただけますと、うれしい限りです。
     転載、リンクはフリーとさせていただきます。(転載の場合どこからの転載かご記入お願いいたします)



      ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

たった一頭の犬や猫を救っても、確かに世界は変わりません。でも救われた動物にとっては、これまでの恐怖に怯える世界が180度変化し、それが命を終えるその時まで永遠に続くのです。

スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント