あにまるセカンドライフin岡山 

愛護センター、保健所などからのレスキュー活動、日常の出来事

ヘルパンギーナ、首都圏で感染拡大-全国で11週連続増、自治体が警戒

ヘルパンギーナ、首都圏で感染拡大-全国で11週連続増、自治体が警戒





 ヘルパンギーナの患者報告数が11週連続で増加していることが、国立感染症研究所感染症疫学センターのまとめで分かった。東京や神奈川、埼玉の一部で警報基準値(定点医療機関当たり6人)を超過。患者数が増加傾向にある自治体では警戒を強めている。




 ヘルパンギーナは、高熱や口腔内の水疱・発赤を主症状とするウイルス性疾患で、2-7日の潜伏期間後、38度以上の発熱や口腔内に水疱が現れる。2-4日で熱が下がり、7日程度で治癒する。高熱や口腔内の痛みで、食事や水分を十分に取れず、脱水になるほか、熱性けいれんや髄膜炎、心筋炎といった合併症を生じる可能性がある。患者のせきや、つばなどに含まれるウイルスによって感染する。




 同センターのまとめでは、7月15―21日の週は全国約3000か所の小児科定点医療機関当たり2.84人で、11週前の約57倍となっている。都道府県別では高知(5.87人)が最多で、以下は山形(5.37人)、岡山(4.89人)、群馬(4.68人)、石川(4.59人)、滋賀(4.44人)、徳島(4.43人)、大阪(4.37人)、東京(4.11人)などの順。





 前週に比べて患者が増えた東京では、町田市(13.13人)、荒川区(9.25人)、南多摩(7.11人)、多摩府中(6.1人)の保健所管内で警報基準値を超過。埼玉では、朝霞保健所管内が2週連続で警報基準値を超えたほか、さいたま市の患者数は前週に比べ1.6倍の4.19人に急増した。





 6月の最終週から増加傾向にある神奈川では、横須賀市や裾野、鎌倉の保健福祉事務所管内で警報レベルに達している。定点医療機関当たり7.2人と4週前に比べて6倍近く増えた横須賀市では、「警報レベルを超え、流行している状況」として、▽患者との密接な接触を避ける▽手洗いやうがいを心掛ける―などの予防策を挙げて注意を呼び掛けている。



医療介護CBニュース より


皆さまもお身体をご自愛くださいませ。

先日グリコままも月1回の通院時にもドクターや薬剤師さんに
気をつけるように伝言ありました。

また、岡山県では、O-157も多く

食べ物の管理なども注意してくださいね。


13713-2.jpg

27日から岡山県北区から失踪の
シーズ♂ベージュx白「モコ君」探しています。
小さな情報でもありがたいです。
ご協力のほどよろしくお願い致します。



「一丁目の犬々」モコ君の件


「いのちつないだ?ワンニャン写真コンテスト」




ランキングをクリックしていただけますと、うれしい限りです。
     転載、リンクはフリーとさせていただきます。(転載の場合どこからの転載かご記入お願いいたします)



      ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント