FC2ブログ

あにまるセカンドライフin岡山 

愛護センター、保健所などからのレスキュー活動、日常の出来事

犬の耳が耳をしきりに掻く、耳を振る 、真昼の犬の散歩よだれ脱糞死亡

こんな暑い日にまたもや短時間30分ほどでしたが

停電(工事の為の電信柱移動に伴う配線工事)でした。

ガンガンに冷やしてしても20分もすると、じゎ~っと

汗ばんでくる

電気のありがたみです。




特に短鼻の犬種たち、パッティングしだしたら

危険信号です。


先日も、真昼の暑い中、子供さんがフレンチブルドッグを走らせて散歩していました

車で通りかかり見ると、犬が動かなくなり、大量のよだれに

脱糞。。急いで車にあった保冷剤で、冷やしたけど

家族の方に連絡をいれ、病院連れていってあげたけど

2歳の若さで死亡でした。

黑っぽい犬は特に熱の吸収率も高いので

日中のお散歩は、死亡という悲しい出来事になります。

アスファルトは60度以上にもなっていると言われています。

必ず飼い主さんの手で確かめて、安全を確認しお散歩しましょう。


無理は悲しい現実になる可能性が非常にたかいので注意してください。




熱さと共に湿気対策も気を配ってください。

うちの犬たちも気温が高くなり、湿度も多くなると

決って、アレルギーの酷いクリームの美雨ちゃんが

耳の病気になりやすく

耳のお手入れを、嫌がってもしています。


chart-gaijien.jpg


犬がしきりに後足で耳を掻きだしたら、要注意である。慢性の外耳炎に苦しんでいることが少なくない。眼、鼻、耳など感覚器官を患えば、ほんとうに不愉快だ。

そんなにすぐれた犬の耳だが、自分で綿棒を使って手入れできない悲しさか、外耳炎に悩まされる場合が少なくない。病因には、カビや細菌、アレルギー、耳垢、ミミダニなどいろいろあるが、基本的に垂れ耳で脂体質の犬がとくにかかりやすい。温度も湿度も高く、おまけに脂分の多い耳垢にめぐまれていれば、まるで生物の培養実験室だ。ダニやカビ、細菌が増えるのも当然です。

■ 種類
犬の外耳炎は、耳がたれていて、毛が長い犬に発生率が高いです。特にコッカスパニエルは、非常に発症しやすいです。マルチーズ、シーズー、プードルなどにも多くみられ、最近では、Fブル、ブル、ゴールデンレトリバーもよく外耳炎になります。外耳道内が比較的湿潤な傾向があり、細菌が増殖しやすい環境にあります。 猫の外耳炎は、品種特異性はほとんどありません。

■ 治療
外耳炎の治療は原因となっている細菌、ダニなどをやっつけることが基本です。背景にアレルギーやホルモン疾患があるときにはそちらの治療も当然必要です。

特に最近はこのタイプのワンちゃんが増加傾向にありますので同然生涯の管理が必要です。 細菌の種類、型によって使われる薬が異なってくるので注意が必要です。どの抗生物質が適切かどうかは、細菌培養検査と、抗生物質感受性検査が必要です。重度な場合や、慢性化している場合に実施します。通常、1日で結果が分かります。

ブドウ球菌は特に抗生物質に対して耐性を持ちやすいので、注意が必要です。MRSAのようにほとんどの薬が効かない菌も出てきます。慢性化させないよう早期にしっかりと治療すべきです。

点耳薬が中心ですが、中耳炎も併発していたり、点耳を嫌がる場合には内服薬も投与します。 慢性化して、外耳道の内膜が肥厚、腫張し内腔が狭窄するような症例によく遭遇します。このような場合は簡単には治らず、長期間の治療が必要です。 腫瘍ができている場合もしばしばあり、外科的に手術が必要となります。

通常は1週間に1度の通院を指示し、その間、自宅にて点耳か内服を行って貰います。綿棒による外耳道の掃除は最低限にしてもらいます。綿棒は外耳道を傷つける場合がありますので、最小限にし、洗浄液で洗うようにしてもらいます。

耳ダニは、黒く乾燥した耳垢がたまり、痒みが強いので症状で診断できます。黒いのがダニの糞です。ダニは非常に小さいので肉眼では見えないでしょう。虫眼鏡でかろうじて見える程度です。耳の外へは出てきませんので皮膚炎などは起こしません。耳垢を洗浄液で柔らかくして取り除き、殺ダニ剤を点耳します。



耳やお顔の皺や足の裏や指と指の間

あごの下や口のまわり

肛門周辺、眼の下など

点検注意、清潔にしましょう。



DCIM0509_20130708123904.jpg

アレルギーチームのぶん太&美雨ちゃん



「いのちつないだ?ワンニャン写真コンテスト」

ぶん太に1日1票をお願いします。





ご支援いただけると大変助かります。

  センター保健所などから保護してくるコは何らかの病気を抱えているコが多く
大変治療費に窮しています
  少しでも沢山の今ある命を助ける為にご協力頂けないでしょうか。
  皆様の温かいご支援を心よりお待ちしております!



  ぶひ.ぶる.グリコセカンドライフキキン
 
  ゆうちょ銀行
  15470
  2590 8211





ランキングをクリックしていただけますと、うれしい限りです。
     転載、リンクはフリーとさせていただきます。(転載の場合どこからの転載かご記入お願いいたします)



      ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村





たった一頭の犬や猫を救っても、確かに世界は変わりません。でも救われた動物にとっては、これまでの恐怖に怯える世界が180度変化し、それが命を終えるその時まで永遠に続くのです。




スポンサーサイト



Comment

勉強になりました。あゆちゃんも気をつけないと。あゆちゃんの日光浴も時間考えたほうがいいですね。あゆちゃんにはいつまでも元気でいて欲しいからね。

2013.07.09(Tue) 10:58       てん さん   #-  URL       

てん様

いくら、日光浴が体に良いと言っても、「程度」が大切です。今の気温温度なら、10分でも危険ですからぁ~~
毎日温度計や天気情報、感覚で確かめないとね!!です。
また、クリーム色は人工的に作られたカラーのようで、特にダメージが多くありシミになって、皮膚がんにもなりますから
何事も、調べを、して「そこそこ」が大切だとおもいます。
目にも紫外線が入ると早くに「白内障」の原因にもなりますし、家の中だけならビタミンD不足にもなるし。。。。
安全を確かめるしかないですね。。
なんせ!あぢぃ~ですからv-356

2013.07.09(Tue) 11:50       グリコまま さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント