あにまるセカンドライフin岡山 

愛護センター、保健所などからのレスキュー活動、日常の出来事

梅雨時のベビーカーお手入れ,細菌が爆発的に増殖 

梅雨時のベビーカーお手入れ 細菌対策にシート洗濯など不可欠



 赤ちゃんが乗るベビーカー。汗やよだれ、食べこぼしなどが付着するシート部分は、さまざまな細菌が増殖しやすい環境だ。特に蒸し暑く湿度の高い梅雨の時期は注意が必要。細菌の増殖を防ぐには、シートの洗濯などが欠かせないという。(竹岡伸晃)



 ◆爆発的に増殖



 ベビー用品大手、アップリカ・チルドレンズプロダクツ(大阪市中央区)が民間研究機関「衛生微生物研究センター」(東京都葛飾区)と共同で3月に行った実験によると、1年間使用したベビーカーのシート部分(ウレタン素材)からは
と話す。細菌の種類はバチルス菌やブドウ球菌などで、これらの菌の種類によっては食中毒や傷の化膿(かのう)の原因になるという。



 「赤ちゃんは汗をかきやすく、よだれやお漏らし、食べこぼし、砂ぼこり、雨水、空気中の汚れなどもベビーカーのシートには付着している」と李所長。「多くのシートに使われているウレタンは小さな穴が無数にある構造なので、汚れや水分が蓄積されやすく、それらを栄養にして細菌が増殖する」と説明する。



 さらに、高温多湿の梅雨時は「細菌が爆発的に増殖する」。梅雨時の環境を想定したアップリカと同センターの共同実験でも、ウレタン素材に接種した細菌数は24時間で約10倍に増えた。



 指しゃぶりなどによってこれらの細菌が免疫力の弱い赤ちゃんの体内に取り込まれると、菌の種類によっては病気を引き起こす可能性がある。李所長は「皮膚の上や土壌中、空気中などに存在する細菌の付着を避けることはできないが、ベビーカーのシートで菌を増殖させない工夫をすることが重要」と強調する。



 ◆すぐに畳まない


産経新聞 より



ブドウ球菌 ↓

(Methicillin-resistant Staphylococcus aureus; MRSA)

黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌による感染症。
疫学 皮膚や粘膜をはじめ、数々の臓器におきる細菌感染症としては多い。抗菌薬に抵抗性を示すメチルシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)による感染症が院内感染として社会的に問題とされている。

成因と病態生理 黄色ブドウ球菌感染症には、化膿性感染症と毒素性感染症がある。前者は局所の膿瘍を形成し、進行すれば蜂巣炎(ほうそうえん)、灰血症になることもある。そのほか、心内膜炎、髄膜炎、肺炎、肺化膿症、膿胸、骨髄炎なども起こしうる。後者は、黄色ブドウ球菌の産生する毒素によるブドウ球菌性皮膚剥脱症、毒素性ショック症候群、食中毒が問題になる。
 表皮ブドウ球菌は、皮膚・粘膜などに広く分布する常在細菌である

MRSA7820.jpg
noukasin.jpg

バチルス菌 ↓


http://www.fsc.go.jp/sonota/factsheets/06bacillus_cereus.pdf

無題





約10万個の細菌が検出された


「この数は便器内の汚れた水と同水準」


怖すぎますぅ


日頃からお洗濯好きなグリコまま
(汚すので仕方なくやってるです)

無理無理無理 怖すぎますぅってっっ

グリコ家が、物が多くお片付けができないタイプの主婦なんですが

汚れ物は嫌~



これは最近よく使われている犬用のカートにも言えるかもしれません。

皆さま気をつけて、大切な家族をばい菌から守りましょう

守ってあげれるのは、「あなた」だけ・・・


特に高齢犬や、子犬、病症犬は、免疫力も低下しているので
念には念を入れて。。


お部屋も、カーペットなどの敷物も、お洗濯しましょう。


*今での経験で、脚などに黒い斑点模様のような物が沢山ある方
アレルギーなのぉっておしゃる方の、自宅訪問時


あ~~~ハウスダストだなぁ
って思うことも多々ありました。


気分転換にお部屋の模様替えや掃除洗濯してみませんかぁ~


カーテンもあまりお洗濯しない物の1つなので
沢山ホコリや雑菌が付いています。

そのカーテン近くで、部屋干しすると
せっかく綺麗になったお洗濯物を
『再汚染』 しますからぁ~~

このジメジメ季節清潔に保ち
気持よく梅雨時を過ごしましょうね

特に犬は、滑りやすいと「ヘルニア」の原因にもなる為
敷物をひいているご家庭も多いと思いますが、

清潔に健康で、何事も予防が大切です。



今日も掃除洗濯に追われているグリコまま

グリコぱぱさんは、たぶん。。。。

物を少なくしてほしいって思ってるだろうなぁ(汗







皆様の温かいご支援を心よりお待ちしております!



  ぶひ.ぶる.グリコセカンドライフキキン
 
  ゆうちょ銀行
  15470
  2590 8211





ランキングをクリックしていただけますと、うれしい限りです。
     転載、リンクはフリーとさせていただきます。(転載の場合どこからの転載かご記入お願いいたします)



      ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村





たった一頭の犬や猫を救っても、確かに世界は変わりません。でも救われた動物にとっては、これまでの恐怖に怯える世界が180度変化し、それが命を終えるその時まで永遠に続くのです。
スポンサーサイト

Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2013.10.30(Wed) 14:06        さん   #         

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント