あにまるセカンドライフin岡山 

愛護センター、保健所などからのレスキュー活動、日常の出来事

眼球を摘出しました 前半編

先月9月20日に眼球摘出した、6月30日にグリコ家の一員になった

ペルシャ猫♂6歳ぐらいの脚の不自由な猫の

「アイズ君」の

お話をさせていただきます。




timgc144297.jpg

「いつでも里親」掲載時のアイズ君です。

6年もペットショップのバックヤードに

死なない程度に生かされいたようで

優しい方に救われた時は、

全身「蚤」だらけだったと聞きます。




レスキューから新しい御家に行ったけど、先住猫に



【眼球】を



引っかかれ、失明したと聞いていました。


戻った、保護宅で、キャットタワーから落ち




【後に重大なことになる脚】



を、骨折し、獣医によって、




【『保護猫仕様の処置を受ける』】


再度募集中


先日ニュースにも出てた

【猫詐欺】

から応募があり、あわやの遭難





そして、縁あって、我が家の


【初猫】になるです。



DVC00200_20121003214825.jpg


我が家に来たアイズ君 眼球や曲がって外に向いたしまった

脚など特に処置なしの保護主様よりのご説明でした。

しかし・・・・


1日何度も目の周りから「膿」のような物が出てきて

何度も拭かなくてはいけませんでした。



画像です。
拭いても、拭いてもあふれて出てきます。


日に何度も何度も拭くので

関係は、悪化していく一方で、

拭かなければ

かぴかぴになって

大変なことになる



たとえ、リスクがあっても

この先の生活の質が今より

ほんのわずかでも良くなればと



大きなリスクの高い施術ですが


受けました。


結果


受けて、良かったです。

怪我して、失明していた眼球は「腐って」いました

腐ったばい菌が「脳」やその他に行かなくって本当によかったです。


DVC00189.jpg

術後、すぐのアイズ君です。


DVC00197_20121003220027.jpg

一泊の入院でした。




つづく




ランキングに参加しています。
ポチっとね

  ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村


子犬・成犬・猫に関わらず、安易な飼育放棄が増えています。
子犬が生まれたからと保健所や管理所に安易に持ち込むのはやめましょう。
まずは、飼い主さんが里親を探す努力をして下さい。
子犬が生まれても飼えないのであれば、望まない子犬を増やさないために、
避妊去勢手術を受けましょう。
スポンサーサイト

Comment

結果オーライでよかったですね

本人さんもすっきりしたんじゃないですか

v-411

2012.10.04(Thu) 16:40       オイちゃん さん   #-  URL       

オイちゃん様

こんなに、いきなりすっきりするなら、躊躇しないでもっと早くに、相談し手術を受けさせてあげたかったです。
術後は、少し活発になって、男に、にゃ~りましたにゃ~v-91

2012.10.04(Thu) 18:32       グリコまま さん   #-  URL       

よかった~

アイズくん、すごい猫生生きてきたんですね。
何を思って今まで生きてきたのかー
はぁ~過酷すぎる・・・

でもでも最後にグリコままのところに来るっていうのは神様がそうさせてくれたんでしょうね。せめてこれからは安心して、幸せを感じて生きてくださいね~

2012.10.06(Sat) 00:19       mh21 さん   #-  URL       

mh21様

悪徳動物業界って5~8歳っていうのがライン引き?みたいだね。。
あさちゃんも過酷な犬生だったと思う・・・

使えるものは奇形でも、病気でも、使うだよね・・・怖いよ、怒りマックスv-412

2012.10.06(Sat) 21:48       グリコまま さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント