あにまるセカンドライフin岡山 

愛護センター、保健所などからのレスキュー活動、日常の出来事

猫の食事性異体質(お刺身を与えると最悪昏睡状態で死亡)


あぢぃ~~

グリコままの義母様

先週から「めまい、立ちくらみ、頭痛、だるさ、微熱

食欲なし・・・・」

状態で


義母は、エアコンや扇風機が嫌いで

つけてもすぐに自分でけしてしまう

室温度も33度~36度以上になっても

つけない

思い込みや、間隔鈍感?麻痺?


熱中症で入院してしまいました。

皆様もくれぐれお体をご自愛くださいませ。

節電もある程度にしなければ

大切な家族(犬猫など含む)

取り返しの効かないことになります。


うちの眉毛柄の心ちゃんの上の奥歯が

縦裂き状態になり

全身麻酔で抜歯予定(24日月曜日)でしたが

緊急入院(熱中症多い)で延期になっています(涙


ばーDVC00842


グリコままの義母さまです。


DVC00829.jpg


可愛いアイズ王子です


DVC00828.jpg


お口の中が臭く
歯周炎を起こしているので
犬用の歯磨き粉(レバー味)で馴らし練習中


c-kingyo1.jpg


ここから貴重な情報です。




猫は小型犬と全く異なります。猫は本来砂漠の動物であり、肉・魚ばかりを食べていた訳ではありません。そのため 現在でも濃縮した尿をします。アフリカのリビアが原産と言われています。

単独で猟をする。体表面積は広い。代謝率が高い。蛋白、脂肪、ビタミンの代謝が他の動物と違う。猫は肉食獣(ベジタブルでは生きていけない)体の中の蛋白を利用する。大量の蛋白を利用するので、能率の良いものではない。嗜好性として暖かいものを好む。食べ物は高蛋白、高脂質、水分を多く含んだものが好き。
10-20feeding/day(犬は3-4feeding/day)。

猫はタウリンというアミノ酸を体内で作ることができません(人や犬は体内で作ることができます)。タウリンというのは、あの栄養ドリンクなどでタウリン1000mgと言うものです。そのため、食事としてタウリンをとる必要があります。このタウリンが欠乏してしまうと、網膜変性や失明、拡張型心筋症といった怖い病気を起こしてしまうことが分かっています。

殺虫剤、水銀を少しでもキャッチする。飢餓の状態でも腐ったものは食べない。黄色い食べ物(例えばトウモロコシ)βカロチンから、ビタミンAが作れない。できたビタミンAからとらなければならない。
トリプトファンからナイアシンができない。できたナイアシンが必要。これらは動物の組織に分布。システイン、ナイアシンからタウリンの合成ができない。システイン、ナイアシンからフェロリンを猫は作ってしまう。NH3の解毒が苦手。アルニギンを必要とする。外因性アルニギンが必要。アリキドン酸、リノール酸が猫ではできない。他の動物の脂肪をとっておこなう。

犬の2倍の蛋白が必要。子猫のときは1.5倍。ビタミンB6はとくに必要。また、チアミン(ビタミンB1)を犬の約2~7倍必要とします。猫の飼い主さんでお刺身を与えている人をよく見かけますが、絶対にやめてください。生魚の中にはチアミナーゼというチアミン(ビタミンB1)を破壊する酵素を含んでいるものがあります。普通でもチアミン(ビタミンB1)をたくさん必要としてるのに、生魚を食べることで、体の中のチアミン(ビタミンB1)がどんどん壊れていってしまいます。チアミン(ビタミンB1)が欠乏すると、ひどい場合には、知覚過敏や運動失調、末期になると昏睡などを起こしてしまいます。もうひとつ魚主体の食事の悪いところがあります。魚の脂肪は不飽和脂肪酸といわれるものを多く含み、猫はこの脂肪を体内で代謝するためにビタミンEを必要とします。そのため、魚主体の食事はビタミンEの欠乏を引き起こします。ビタミンEは体の中で抗酸化剤として働いています。人間でも肌の老化やシミの薬として使われています。このビタミンEが欠乏することで、体内で全身性に炎症反応を起こします。その結果 、身体を触られると痛がったり、皮下脂肪、特に鼠径部(またの部分)の脂肪が硬化し、しこりのようになってしまいます。日本人は猫=魚が大好きというイメージですが、猫は本来海辺に住む動物ではなく、魚は猫にとって適切な食事ではありません。

体の中に蛋白質が入ってこないとき(TP3.5g/dl以下の場合)、傷の治りは非常に悪い。

炭水化物はとくに必要としない。エネルギー源として安価なため、猫のフードに含まれる。じゃがいもはでんぷんを使うためには熱が必要。

猫の脂肪要求量は北極グマの次に多い。

猫は薬剤として抗生物質(クロラムフェニコール系、セファロスポリン系)、駆虫剤(メトロニダロール)甲状腺機能亢進症の薬(メチマゾール)、抗腫瘍剤、心臓薬(カプトプリル)、抗ヒスタミン(クロロフェミラミン)、利尿剤(フロセミドを除く)を嫌う傾向あり、これらの薬をあげた場合、食欲不振になることがある。しかし病態によっては代用する薬がない場合もあるので、投薬には工夫が必要です。

【神奈川・オダガワ動物病院】 転記記事

http://www.odagawa.net/cat/cat01.html



ペットシート厚型が大変不足しています。
あったらうれしいなぁ~




ランキングに参加しています。
ポチっとね

  ↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント