あにまるセカンドライフin岡山 

愛護センター、保健所などからのレスキュー活動、日常の出来事

皆さん知って頂きたいこと  死亡事故など

皆さん知って頂きたいこと。

昨日
我が家の恐怖の出来事
用事から帰ってくると
13歳9か月のフレンチブルドッグの美雨ちゃんが
ドアーを開けるとすぐに
グリコままのダウンが頭部に巻き付いた状態で
危険な状態になっていました。
なぜ?そのようになったのか
グリコままの留守中downにくるまって寝たのか?
長袖の部分に頭部が深く入り込み抜けなくなっていました。
激しい荒い呼吸に目は、うつろ
体温があげり
舌の色は紫
脱水症状
すぐにダウンから離し
携帯圧縮酸素をする。
身体を締め付ける洋服、オムツを脱がす
少し意識がはっきりしてきたところにだっこして
シリンジにとろみをつけた水を舌の先から誤嚥しないように
確かめながら水分補給をする
体の熱を放出させ、
常温(通常はぬるま湯程度に温める)の皮下点滴をする。
美雨ちゃん本人は、呼吸も通常近くになってきて
床にじかにお腹を下にして体を伸ばしていた。
自分からエアーブレスマットの上に来たので
軽く洋服を着せると
そのまま眠りました。
びっくりしました。
1月に心ちゃん
2月にグリコ君
3月・・・・・
やーめーてーーーーーー
犬は犬でこんな日常の慣れた物でも
1つ間違えば死亡事故につながります。
それから、1家に1つは
圧縮型携帯酸素があれば
なおいいかもです。
2本使いました。
くわばら~~
皆様もお気を付けください!!!
http://item.rakuten.co.jp/eziromem/o2athlete/



20170328_101007.jpg


保護中のフレンチブルドッグの濶君
早朝より呼吸系の病気になりました。

応援してあげてください。



20170328_123036.jpg







【あにまるセカンドライフin岡山】では、保護収容された不幸な犬猫の殺処分を少しでも少なくするとともに、再び不幸な犬猫と飼い主を生み出すことのないよう、適性のある個体に対し、責任のある新しい飼い主を捜す、適正譲渡に努めています。
(鑑札、狂犬病予防注射済票の装着は狂犬病予防法により義務づけられております)

「No-Killではなく、Low-Killを目指そう」


岡山県動物愛護センター   
http://www.pref.okayama.jp/page/353032.html
http://www.pref.okayama.jp/page/429012.html
岡山市保健所 
http://www.city.okayama.jp/category/category_00000500.html
倉敷市保健所    
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=4005
他県収容情報環境省
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/shuyo/index.html


ツイッター、フェイスブックを通じて拡散協力をしてくださる方々も募集中!

殺処分を無くすには、批判ではなく、具体的な行動を、何がしたいかが大事。



ぶひ.ぶる.グリコセカンドライフキキン
ゆうちょ銀行
【記号】15470
【番号】2590 8211

ゆうちょ銀行以外の方は 
 【店名】  五四八   
【店番】 548
【口座番号】 2590821





ランキングをクリックしていただけますと
一人でも多くの心優しい方の目に触れることで命を繋ぐことになりますので
ご協力よろしくお願い致します。





にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ ブルドッグへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Comment

とりあえず 大事に至らず良かったね

2017.03.29(Wed) 23:15       もと さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント