あにまるセカンドライフin岡山 

愛護センター、保健所などからのレスキュー活動、日常の出来事

☆出血性胃腸炎 .☆リンパ球性ー形質細胞性腸炎  

      ☆出血性胃腸炎
 出血性胃腸炎(HGE)は嘔吐,激しい血様下痢,血液濃縮などが急激に発症する原因不明の症候群
である。この疫病は、急性下痢症を発症する多くの症例と異なり、別の機序,病態を示唆する特徴が存在
する。考えられる原因として、内毒素ショック,アナフィラキシ-反応,免疫介在性腸疾患などがあげられているが、
確たる証拠はみつかっていない。可能性として実験的モデルにより、この疫病の病理発生が、免疫反応に
基づいている可能性が高いことを示す報告がされている。罹患犬の腸管の病理組織では、腸管の上皮と
粘膜固有層の壊死,剥離,粘膜固有層への形質細胞の浸潤および粘膜下組織内のリンパ結節の壊死が
認められる。この高度で急性の病理的特徴は、感染や毒素食事性因子によるものでは起こらない。
単独隔離飼育や、多頭飼育の中で1頭だけ発症することなどから、発生状況的に伝染病ではないと考えられる。
発病する年齢では2~4歳に多く、ミニチュア・シュナウザー,トイ・プードル などの小型犬に多発する。



     ☆リンパ球性ー形質細胞性腸炎                                            



この疾患は犬に蛋白喪失性腸疾患を起こす2大疫病の1つである。もう1つの疫病はリンパ管拡張症
である。リンパ球性‐形質細胞性腸炎は、単一の疾患ではなく、さまざまな病因と免疫機構による反応の
双方による腸の非特異的複合反応である。関連のある疾患には食物アレルギー,リンパ管拡張症,
腸絨毛萎縮などがある。正常でも分解・再生される血漿蛋白質の約40%は胃腸間から失われる。
蛋白喪失性腸炎で蛋白質の失われる機構にはリンパ管性と粘膜性に分けられる。組織学的に、
小腸粘膜固有層へのリンパ球と形質細胞の大量の浸潤が特徴である。免疫機構が発病に関わっていると
考えられるが、原因ははっきりしていない。

20140404tah02s.jpg

中の中にいてる常菌とまるで囲んだ嫌気性細菌中に楕円形がみえますが
これは、菌が毒素をもった状態です。
たびたびグリコ君はこの状態になり、特有のにおいのゲップ、オナラを大量にし
ダウンしてしまいます。
噴水のような下痢便になり、怒りっぽくなり嘔吐し、または、舌を絶えず、べろべろして
ペットシートや草などを食べて吐こうと、そわそわしだします。
病気が原因の時だけでなくて、普段健康な時にでも消化能力、あるいは消化酵素の限界はどの犬にでもあるものです。
お腹を壊す回数が多ければ多いほど腸内細菌は失われ、悪循環が続くのです。


「一向に治らない下痢に飼い主さんが慣れるという最悪の状態」、これが一番怖く、一時的なものであれば、時期を乗り越えればなんとかなるとしても、それが2週間以上続くのであれば慢性化していますから、「このコはお腹が弱いから」という言葉だけで見過ごさないことも必要です。

下痢が長期で続くと腸壁は痛み部分的に薄くなって、他の原因がなかったとしても傷んだ部分から腸内細菌が血液中に進入し、細菌毒素によって体調に好ましくない影響を与えます。

そして、お腹の調子が悪くなるたび、その回復にはとても時間がかかります。
健康な体の基本には健康な腸内細菌バランスが欠かせません。
下痢をしてしまうと腸内細菌は流されてしまうので、また元の状態に戻るまでに思ったよりも長い時間を費やします。(完全に元に戻るには数ヶ月かかるケースも)

この健康な腸内細菌をより早く取り戻すためには善玉菌を補給することと、善玉菌にとって快適な環境作り(善玉菌のエサとなる細かい食物繊維など)を与えてやることが前提となります。

ただ、消化器官に炎症を起こしている時などは同時に食欲も若干落ちることもあるので、そういう時には無理せず、プレーンヨーグルトを少量(ワンちゃんくらいなら小さじ1程度)、あるいはすりおろしたリンゴなどを与えてお腹を休めることをお勧めします。

お腹を壊す原因には病的なものとそうでないものとがあり、そうでないものと言うのは食餌内容や食材の質、与え方が対象となります。

アレルギーや不耐である食材が原因の食餌では、その食材を食餌から取り除くことで軟らかいウンチは容易に改善されるからまだいいとして、やっかいなのは慢性の下痢・軟便症状。
事のきっかけはおそらく何かに感染したり、軽い中毒症状で始まった下痢・軟便だったりしたのが、それに伴う発熱や嘔吐・循環器障害の影響で消化器官が弱ってしまい、慢性化するといった現象です。

きっかけとなった感染症や中毒症は治ったけれど、体がいまひとつシャキッとせず全体的な回復が遅れ、また、腸管内の環境が整わないために下痢・軟便で失われた腸内細菌の復活も遅れて、不安定な状態のまま綱渡り的に過ごす日々が続くことになります。



回復過程でクロストリジウムなどの嫌気性細菌が増えすぎると、腸内にガスが多く発生していることになります。
そんな時には食材から結合組織を多く含む肉類や豆類を取り除き、タンパク質の量を全体的に下げ、およびでない菌の勢力を下げてやらないと、いわゆる善玉菌はうまく育ってくれないのです。


小腸の炎症性腸疾患について


小腸の炎症性腸疾患について

今回は小腸の炎症性腸疾患(IBD)についての考察です。

◎定義
IBDという言葉自体は比較的よく使われるものですが、この疾患についての定義は非常に曖昧です。
そこでまず、IBDという疾患を考える上で関連があると思われる記述をいくつかの成書より抜粋します。

Small Animal Internal Medicine【第4版、日本語訳】
炎症性腸疾患(IBD)は特発性の消化管の炎症を含む。(中略)IBDの病因については知られていないが、少なくとも一部の病因として細菌や食事の抗原に対して免疫系が過剰または不適切に反応する機序が含まれると推測されている。(中略)リンパ球形質細胞性腸炎(LPE)は犬や猫のIBDでは最もよく診断される疾患である。慢性の小腸性の下痢がよくみられるが、症例によっては糞便が正常でも体重減少がみられることがある。十二指腸が重篤に罹患している場合、主な症状として嘔吐がみられ、下痢は軽度またはみられないことがある。蛋白喪失性腸症はより重篤な病型でみられる。
好酸球性胃腸結腸炎(EGE)は通常、食物成分(牛肉やミルク)に対するアレルギー反応でIBDとは異なる。しかし、食事の変更により常に改善がみられるわけではなく、症例によっては真のIBDとされる。

この記述からは、IBDが明確な定義を持って分類される一つの疾患ではなく、LPEなど複数の疾患を内包する用語であることが分かります。また、その病理発生も未だ明らかにされておらず、推測という段階であることも示されています。

また、Veterinary pathology【Jones,Hunt,King 第6版】やPathology of Domestic Animals【Jubb,Kennedy,Palmer 第4版】では、独立した項目としてのIBDの記述はなく、単に慢性的な腸疾患の意味として使われているか、「リンパ球形質細胞性腸炎は犬や猫のIBDで最も一般的な疾患である」というようにリンパ球形質細胞性腸炎の記述に一言添えられているのみです。

◎診断
Small Animal Internal Medicineには、IBDの『診断』の項目に以下のように記載されています。
IBDは特発性の炎症性腸炎であるため、診断は除外診断により、単に組織診断によるものではない。身体検査、病歴、臨床病理、画像診断、組織所見、そのどれもがIBDの診断を支持するものではない。診断には下痢の原因となる病因を除外することに加え、粘膜への炎症細胞浸潤、組織構造の変化、上皮の変化がみられることが必要である。

これ以降の文章はLPEに関しての記述に移行しており、IBDという言葉は出てきません。

上記のことからIBDという用語を使う場合には「慢性的な腸症状を呈しているが、腸疾患を起こす病因(食事性や細菌性、ウイルス性など)が全て除外される=特発性の慢性腸疾患=IBD」という認識が必要と考えられます。
また、LPEがIBDに含まれる『主な』疾患とされていますが、EGEの一部もIBDとされています。
さらにこれらの記述から推察すると、LPEやEGEでなくとも、「腸炎の原因が全て除外されてなお慢性的に続く腸疾患」であればIBDと呼ぶべきであるのかも知れません。

◎リンパ球形質細胞性腸炎
これまでの記述をまとめると、
・IBDは原因不明の特発性慢性腸疾患である。
・LPEがIBDに含まれる主な疾患である。
・EGEも食事の変更で改善されない場合はIBDに含まれる。
・免疫系の不適切な反応が病因の一つと推測されている。
となります。
IBDの最も代表的な疾患がLPEとされていますので、最後にLPEの診断に関係する記述を抜粋もしくは意訳してご紹介しようと思います。

Small Animal Internal Medicine
消化管粘膜内には通常でもリンパ球や形質細胞が存在するため、粘膜の細胞診でリンパ球性炎症を診断することについては信頼性がない。粘膜炎症の組織学的診断は残念ながら主観的であり、生検で得られた組織は過大評価されることが多い。"軽度"のLPEはしばしば本質的には正常な組織に対してつけられることがある。病理診断医によって相当の不一致があるため、"中程度"あるいは"重度"のLPEの診断であっても疑わしい場合がある。全層生検の検体を用いた場合でも高分化型のリンパ腫と重度のLPEを鑑別することは非常に困難なことがある。重篤な食事性の反応が見られる動物では生検所見がリンパ腫に類似することがある。生検材料の質があまりよくない場合(検体の大きさやアーチファクトの存在など)にはリンパ腫をLPEと誤診しやすく、このことは特にリンパ腫で二次性に組織反応がみられる場合に当てはまる。最近の研究によると生検を二つ以上の部位(十二指腸だけではなく十二指腸と回腸)から採取することは、炎症性変化(および腫瘍性変化)をみつけるためには重要であるとされている。

Veterinary pathology
(LPEの)重篤の症例では、腸粘膜は明確に肥厚している。(中略)顕微鏡的には、この疾患はよく分化したリンパ球や形質細胞の小腸粘膜固有層における広範囲な浸潤として特徴付けられ、組織球も散見される。これら炎症細胞の浸潤はしばしば粘膜下組織にまで広がっている。腸絨毛は、炎症細胞が浸潤している点を除き正常であったり、肥大していたり、萎縮性であったり、あるいはしばしば融合していることもある。粘膜上皮は一般的にはそのまま残存しているが、通常より肥厚することや杯細胞の増生をみることもある。腸陰窩はしばしば過形成性で粘液の貯留により拡張していることがあり、その中には剥離した粘膜上皮もいくらか認められる。さまざまな程度で乳び管のリンパ管拡張とその周囲の粘膜固有層の水腫が認められることがある。

Pathology of Domestic Animals
主要な変化はよく分化したリンパ球や形質細胞の異常な浸潤であり、それらは腸絨毛や陰窩間の粘膜固有層、そしてしばしば粘膜下組織にも認められる。正常では、腸絨毛の粘膜固有層内に形質細胞はそれほど多く認められない。リンパ球や形質細胞、そして時に好中球や好酸球、組織球の浸潤は、陰窩よりも粘膜の深部や粘膜筋板に達する。腸絨毛は正常であったり、棍棒状(訳注;絨毛が横方向に肥大している様)であったり、様々な程度に萎縮していたり、しばしば融合していたりする。粘膜の表面上皮は正常であったり、mucous metaplastic(訳注;この場合は杯細胞が増生して粘液産生が亢進している状態)であったりしており、背の低い円柱もしくは立方状を呈し刷子縁が不明瞭化していることもある。また、一般的に粘膜上皮内のリンパ球浸潤像が散見される。腸陰窩は過形成を起こしていることがある。粘膜固有層は水腫性で乳び管のリンパ管拡張が認められることがある。しかし、一般的には水腫はそれほど重篤に現れることはない。粘膜固有層の炎症細胞の浸潤やリンパ管拡張を含む粘膜の水腫の状態では、粘液や剥離上皮を含んだ陰窩の拡張が認められることがある。これはcystic mucinous enteropathy(直訳;嚢胞性粘液性腸炎)と5表現される;単に重篤なリンパ球形質細胞性腸炎の一種の状態であり、新たに疾患として命名する意義は我々には見出せない。


これらの顕微鏡的所見のうちの多く(絨毛の肥大や萎縮、粘膜固有層の水腫、陰窩の変化など)は他の腸疾患でも認められ得る組織像ですので、最も重要と思われる組織所見は腸絨毛へのリンパ球や形質細胞の多数の浸潤やリンパ球の粘膜上皮への浸潤と思われます。これが見られること、かつ、他の疾患を示唆するような所見が(臨床的にも組織像的にも)認められないような際にはリンパ球形質細胞性腸炎を疑うことができると考えます。ただし、これらにしても典型的な組織像のみに限定しようと思えば、そのような症例はほとんど存在せず、ある程度は曖昧な中で診断が下されるということを臨床家は知っておく必要があります。

パソラボより


ワンコご飯ですが
犬は肉食獣で、植物性たんぱく質、野菜類などは、消化しにくいとされていますが
工夫次第で、身体にとって利点もあります。
腸壁のお掃除的役目や、こういった特有な疾患を持ってしまうと食欲が無くなります。
藁をも掴む思いで日々観察しながら
何が良かったのか悪かったのか地道に確かめながら蛋白喪失性腸炎で蛋白質の失われるのを補なわないといけない常態です。

20150613223539758.jpg

サーモン、豚ハツ、小松菜ペースト、バナナ、処方食

20150615120032614.jpg
圧力鍋の中の具材
鳥胸肉、キャベツ、大根、生姜少々
20150615120020622.jpg

ブルーの粉はアズレングルタミン(胃粘膜保護剤)
エクセラーゼ(消化酵素)
ファモチジン(胃粘膜の壁細胞にあるH2受容体を選択的に遮断することにより、胃酸ならびにペプシンの分泌を抑制します)
ビオフェルミンR
メチコバール(神経の核酸・蛋白合成を促進し、軸索再生、髄鞘形成を促すことにより、傷ついた末梢神経を修復してしびれ、痛みなどを改善)
(ペンタサ、又は、アサコール)心ちゃん服用
20150615121436165.jpg

高野豆腐、きぬさや、シイタケ(お試しの食材)
サーモン、鶏肉、処方食
20150615120050873.jpg

マトンの焼き物

20150615120124367.jpg
20150615120248707.jpg
20150615120301894.jpg
20150615120107949.jpg

ステロイドを投与すると幾分食欲はわきます。
食べないことには。。。。。

なかなか難病だけあって食事も難しい。。。。

で基本皆さん同じトッピング付です。
犬の食事代はうなぎのぼり(笑)

犬に野菜や豆腐など植物性を与えるとは賛否両論ありますが
人と比べて十数年しか生きれない生き物
人の管理の中で少量おいしいと感じてくれればいいと考える親ばか飼い主の一例です。

補足
タンパク質が不足すると、多過ぎると
http://www.mcprealestate.com/protein/quantity.html


ぼるとの母ちゃんが初フリマーを開きます。
朝市なのでグリコままの参加は厳しいですが商品を出展しますので
どうぞよろしくです。
シャネル、ポロ、クリニークのハッピーなどコロンも予定しています。
その他オリジナルのハンドメイド品お楽しみに~
フリマ出店

2015-06-15(Mon)

6月21日(日曜日)雨天中止
9:00~12:00
ぽかぽか温泉駐車場  岡山市北区青江2-4-15
でフリマします。



岡山県動物愛護センター   
http://www.pref.okayama.jp/page/353032.html
岡山市保健所 
http://www.city.okayama.jp/category/category_00000500.html
倉敷市保健所    
http://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=4005
他県収容情報環境省
http://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/shuyo/index.html

などのホームページをご観覧くださいませ。 
なお、センター保健所からの譲渡条件には必ず
不妊手術をするとありますのでこれに賛同いただける方のみ応募ください。
後から不妊手術は、可哀そうだとか、自然のままにのお考えの方は里親になれませんので
一代限りの生き物と責任を持って向かい合っていただける方の
ご応募お待ちしております。

(鑑札、狂犬病予防注射済票の装着は狂犬病予防法により義務づけられております)
*岡山県愛護センター収容動物のボランティアさん募集中です。
http://www.pref.okayama.jp/page/detail-118188.html
センターでの規約により岡山県内在住の20歳以上の方ですが
1頭でも貴方の暖かな手で救い新たな家族探しを私たちと共に行いませんか。
鍵コメ又は、メールフォームまでお問い合わせください。

ツイッター、フェイスブックを通じて拡散協力をしてくださる方々も募集中!

「もずショップ」
http://mozushop0416.cart.fc2.com/
ランキングをクリックしていただけますと
一人でも多くの心優しい方の目に触れることで命を繋ぐことになりますので
ご協力よろしくお願い致します。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

現在グリコ家では、容態の悪い子達で
家での保護は出来にくい状態ですが、
センターや保健所また、リンク先などで気になる子がいらしゃいましたら
遠慮なくお報せ頂けますと嬉しい限りです。
飼い主のいない保護動物を助ける活動費用のご寄附
ご協力宜しくお願い致します。

ぶひ.ぶる.グリコセカンドライフキキン
ゆうちょ銀行
15470
2590 8211

ゆうちょ銀行以外の方は 
   【店名】  五四八 
【店番】 548
【口座番号】 2590821
また募金箱を設置させて頂ける所がありましたらお教えください

193654.jpg

ダックスフンド♀
推定年令8~10歳位
歯があまりなく、残った歯に歯石あり
性格は人なつっこく優しい
フィラリア(-)
体重 3.9キロ
初期の白内障のようです。
皮膚荒れあり(鼻の付け根、尾尻、上腕部、後ろ脚関節など)
一般血液検査問題なし

センターの新体制が始まるまでグリコ家最後の収容中での里親募集です。
亡くしたくない小さな傷ついた命
里親様を探しています。
スポンサーサイト

Comment

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント