あにまるセカンドライフin岡山 

愛護センター、保健所などからのレスキュー活動、日常の出来事

② 過剰多頭飼育者(アニマルホ―ダ―)とは

アニマルホ―ダ―の定義


•管理可能な限度を超えた動物を飼育(収集)している。

(善意のレスキュー活動を名乗り、シェルターと称して動物を抱え込むケースも多い)

•最低限の給餌や衛生面での配慮、居住スペース、獣医療等の提供ができない。


•状況の悪化に対する危機感が希薄で、動物を飼い続け、増やすことに執着する。


•過剰多頭飼育が、動物だけでなく、
本人および周囲の人間にも深刻な健康被害を及ぼしていることを認識できない。




アニマルホ―ダ―の特徴


•飼育している動物は様々だが、比較的小さく家の中に隠しやすいため

猫を収集するホ―ダ―が多い。


(犬のホ―ダ―は、鳴き声などの苦情が来るため、多くは郊外や山の中などに住んでいる)


•2/3~3/4は中高年の女性だが(半数は独身または一人暮らし)、若い人や夫婦もいる。


•社会的、経済的に恵まれない人が多いが、
中には高学歴できちんとした職歴を持ち、世間的には異常者と認められない場合も少なくない。


(匂いがつかないよう服だけ別の場所に置き、外で着替えて出勤するなど、巧妙に隠している人もいる)


•適正な飼育管理ができず、糞尿や死骸を放置するなど、
動物を悲惨な状況に追い込みながら、


本人に動物虐待をしているという自覚がない。


•動物を手放すことに強い不安を感じ、里親探しなどをほとんどしない。


また、改善の要請や救助を申し入れる愛護団体や行政を敵視することも多い

*その他、繁殖、売買を目的とするブリ―ダーが、売れずに飼育放棄をするケースもある。



アニマルホ―ダ―への対応策


アニマルホ―ダ―の常習率はほぼ100%と言われ、
たとえ動物を没収されても、すぐに また動物を集め始めようとするため、
多くの場合、単に飼育頭数を減らしたり、法で裁くことは本当の解決にならないと言われています。
(起訴に持ち込むこと自体が難しく、刑罰も軽い)





前述したHARCでも、問題の介入、改善には、精神医学的な「心のケア」が重要で
動物管理局、動物公衆局、社会福祉局、住宅局、警察、消防、裁判所などの行政機関のほかに、 獣医師、心理学者、動物福祉団体、一般市民、ボランティア、家族、友人など、様々な関係団体、個人が連携し、生涯に渡る監視を含めた長期的な取り組みが必要と述べています。



*アニマルホ―ダ―は、一見、動物愛護家や動物保護ボランティアなどと区別がつきません。

生活のすべてを捧げ、かわいそうな動物を救っている善意の人として、

社会がその犠牲的活動を称え、愛護精神に感動した人たちや家族に支えられている場合もあります。

多くは実態を見ていないため、その病理に気がつきません。





中には、行政が、動物保護ボランティアとして、アニマルホ―ダ―に犬猫を譲渡しているケースすらあります。

動物のサンクチュアリと称して、終生飼育を謳い、

多額の募金を集めた末に、窓のない部屋に数百頭の犬を押し込み、

病気を蔓延させ、発覚時にはほとんど処分せざるをえなかったというアメリカの事例がありますが

日本でも同様の事件は頻繁に起こっており、

発覚していないアニマルホ―ダ―はまだまだ数多く存在しています。



保護活動をしていると言いながら自宅を絶対に見せない



すでにたくさんの動物がいるにもかかわらず、

行き場のない動物の情報が入るとすぐに引き取ろうとする



、動物の数が増えても里親探しをしている形跡がないなどの場合は、アニマルホ―ダ―の可能性があります。



「アニマルウェルフェア推進ネットワーク」さまより、リンク&引用させていただきます。
過剰多頭飼育者(アニマルホ―ダ―)とは

http://www.inunekonet.jp/hoarder.html

一部引用



その他では、積極的に動物を引き取り善意の人を装った

保護犬ビジネスを行ってる不届き者も多数
甘い言葉と可哀そうな作り話など
言葉巧みな話術や里親募集記事などで
善意の人を狙っています。


【例】

① 引き取った動物に安価な医療をし、その差額を取っている。
   (一律○○○○○円など)

   

② 引き取った動物の医療費などの明細書を出さない。
   (名前や日にちの解らないコピーなども含む)



③ 動物を引き取れば、時間もなく大変だと普通は考えるが
  常に沢山の動物の引き取りと募集を行っている。



④ 収支決算などみえない。



⑤ 行政の立ち入り調査を受けていない。



⑥ ほとんどの自治体では、犬猫合わせて(地域猫を省く)11頭以上は
  動物2種を取らないといけないのだが
  違反を行い特に犬の場合自治体に登録、狂犬病ワクチン申請をせず、多頭飼育を行っている。


⑦ 募集時少数の画像を出し、応募してきた人に
  応募してきた動物は、行き先が決まったと違う動物をすすめてくる。


⑧ ブログなど都合が悪くなると削除するなどする。
   話のすり替え、上塗り等、スルーなど


⑨ 次から次へ点々と保護団体をはしごする人
  (常に前の団体の悪口を言っては、自己保身する)


⑩ ブリーダーの引き取りを常に行い
  レア―カラーの○○や、業者的言葉が多いのも特徴です。

  可愛そうな犬情報を聴きつけると、他人の敷地内にも無断で侵入し
  勝手に連れ帰る(盗む)をする人もいます。(犯罪です)  



まずは、保護動物の里親になる前に

心構えから考え

ご自身の生活に合った動物を考え

その、動物の特徴や生態を理解することから始めましょう。

命の期限を付けられた動物はこの世には

数知れずいますが、可哀そうだと

感情移入する前に

しっかり上記の事を考えてから。


引き取った、思っていたのとは違う

うんこが臭い

なつかない

などなど人側の理不尽な手前勝手な理由で

2度も3度も不幸になる動物を見てきました。



命の重さと責任を


glass-heartbox5.jpg



20150226234243549.jpg

寒さの中動物を外に出したままではないですか?











飼い主のいない保護動物を助ける活動費用のご寄附
ご協力宜しくお願い致します。

*ダブルワイドペットシートが不足しています。





  ぶひ.ぶる.グリコセカンドライフキキン
 
  

ゆうちょ銀行
15470
2590 8211

ゆうちょ銀行以外の方は


【店名】  五四八 
【店番】 548
【口座番号】 2590821
 
 
また募金箱を設置させて頂ける所がありましたらお教えください

お知らせ

メンバーのぼるとの母ちゃん様がネットショップを開きました。
まだまだ、数少ないですが
保護動物費用捻出です。
なかなかバザー活動が出来ないのでネットショップを開きました。
よかったらお立ち寄りくださいませ。

「もずショップ」http://mozushop0416.cart.fc2.com/





ランキングをクリックしていただけますと
一人でも多くの心優しい方の目に触れることで命を繋ぐことになりますので
ご協力よろしくお願い致します。



    



      ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

里親募集(猫) ブログランキングへ

病気になれば高額な治療費を要し、将来は介護だってあります
15年余の終生飼育は相当な覚悟が必要です
無理があれば飼わないのも愛情
スポンサーサイト

Comment


先日はわたしのコメントに誠実に返信して下さり、ますますグリコままのファンになりました!

家族が重病になり、大切な家族だったブルドッグを里親さんに託してからペットロスになったわたしにとって、ブログを通してのグリコままのお人柄は救いでした。

グリコ家にも穏やかな時間があることがわかり、ホッとしています。ちゃまちゃんのタコ踊りが可愛すぎて思わず笑ってしまいましたよ♪ヽ(´▽`)/

愛されているという自覚があると身体全体で表現してくれますね!

身体に雪が積もっている大きい仔の画像に胸が張り裂ける想いです。

2015.02.28(Sat) 01:07       ばくちゃん さん   #-  URL       

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015.02.28(Sat) 14:06        さん   #         

ばくちゃん様

コメントありがとうございます。
ペットロスって本当に辛いですね。
グリコままもたぶん実の母亡くなったより、愛犬を亡くす方が重いかもです。

初代心ちゃんの事が薄らぐのに5年以上かかった気がします。
それから、ウイルス学なども学びました。
ある医師から、『君はなぜに1円にもならない犬の為に・・・・
そんな愛護で正義感ふっても、無限数の研究なんてしないで現場に戻ったら・・・・』って言われたことも(笑)

必死だったんでしょうね。。あの頃
相当額の金額で、買った子犬が死ぬなんて十数年前は考えれない純粋無垢というか、世間知らずのアホだったんだと思います(笑)

ブログを通じて心の痛みの飼主さんや
事情で飼えなくなった動物と人のつながりを繋げていけたらと微力ながら活動致しますね。

愛の反対は憎しみではなく無関心
無関心な世のかなですが、無関心と嫌がらせも似てるような気がします。
間違いは訂正しながら向上めざすのが人だと思います。過去には戻れないけど、未来は変えれる可能性は大いにありますから。

茶豆のタコ踊りで笑顔になって頂けてありがとうございます。
茶豆も悲しい過去がありますが、楽しく生きる為に人から愛される為にこの世に産まれたのですから
生きてる間は、怒られながらもしっかりと犬らしく生きてもらいます。
只今、3芸ほど出来るようになっています。
また、ご披露致しますね。笑って許してですがv-222

雪の中のワンちゃん辛そうですね。。
フェイスブックから回ってきた画像なんですが
最近辛い情報が画像入りで観覧注意なしですぐに出るのでフェイスブックもあまり開けない状態です。

2015.03.01(Sun) 01:13       グリコまま さん   #-  URL       

鍵コメ様

クレートのご支援のお申し出ありがとうございます。
微力な保護活動ですが、有りがたくお受けしたいと考えております。
宜しくお願い致します。

2015.03.01(Sun) 01:18       グリコまま さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント