あにまるセカンドライフin岡山 

愛護センター、保健所などからのレスキュー活動、日常の出来事

世界の雑記帳:墓から這い出た猫、米動物愛護団体が飼い主への引き渡し拒否

世界の雑記帳:墓から這い出た猫、米動物愛護団体が飼い主への引き渡し拒否


2月11日、交通事故後に埋葬され、5日後に墓から這い出たことで話題を呼んだ猫(写真)を保護した動物愛護団体が、飼い主への引き渡しを拒否し、係争に発展している。


 写真は1月28日提供(2015年 ロイター/Humane Society of Tampa Bay)


[タンパ(米フロリダ州) 11日 ロイター] - 交通事故後に埋葬され、5日後に墓から這い出たことで話題を呼んだ猫を保護した動物愛護団体が、飼い主への引き渡しを拒否し、

 
係争に発展している。引き渡さないことを決めたのは、「埋葬に至るまでの状況」をより詳しく把握したためという。


バートと名付けられたこの猫は、ソーシャルメディアで「ゾンビ猫」という愛称も付けられている。

 
 猫は顎を骨折していたほか、顔面を負傷。眼球の一つは摘出を余儀なくされた。



動物愛護団体はブログ上でバートの容態に関する情報を更新していた。



 当初は手術後に自宅へ戻るはずだったが、団体が引き渡さないことを決めたため、


飼い主は今週に入って裁判所に申し立てを行った。


 同団体から入手した裁判資料によると、飼い主は団体側が寄付金集めにバートを利用しようとしていると主張。面会も認められておらず、容態に関する最新情報も伝えられていないとしている



 バートは引き続き団体側が保護しており、ブログ情報によると、バートの治療に世界中から寄付が寄せられている






正当な理由は解らないけど

飼主の主張が正しければ

嫌だね・・・・


まぁ、うちの団体も某所から、自分所では保護できないと言っていた

全身皮膚病のフレブルちゃんでも似たようなケースがありましたね。。

やましい所が無いなら

真相を明かしてほしい所です。


20150221212150296.jpg

DCIM0039.jpg

DCIM0095_20140629013833629.jpg

とにかく、自分は年をとったから学ばなくてもよいというわけでは全然ない。40代に限らず、30代、50代であっても社会人なら常に新しいものについての勉強をしなければいけないはず。今まではなんとなく40代半ばを過ぎたから勉強しなくてもいいという気持ちでいたとしても、勉強や学び直しをすれば結構居場所は見つかると思う。

どんな状況下でも一生勉強しつづけるという気持ちは本当に大切だと思う。
搬送や治療の優先順位を決めるトリアージで最優先を意味する「赤」と判定する












ご協力宜しくお願い致します



  ぶひ.ぶる.グリコセカンドライフキキン
 
  

ゆうちょ銀行
15470
2590 8211

ゆうちょ銀行以外の方は


【店名】  五四八 
【店番】 548
【口座番号】 2590821
 
 
また募金箱を設置させて頂ける所がありましたらお教えください

お知らせ

メンバーのぼるとの母ちゃん様がネットショップを開きました。
まだまだ、数少ないですが
保護動物費用捻出です。
なかなかバザー活動が出来ないのでネットショップを開きました。
よかったらお立ち寄りくださいませ。

「もずショップ」http://mozushop0416.cart.fc2.com/





ランキングをクリックしていただけますと
一人でも多くの心優しい方の目に触れることで命を繋ぐことになりますので
ご協力よろしくお願い致します。



    



      ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

里親募集(猫) ブログランキングへ

病気になれば高額な治療費を要し、将来は介護だってあります
15年余の終生飼育は相当な覚悟が必要です
無理があれば飼わないのも愛情
スポンサーサイト