あにまるセカンドライフin岡山 

愛護センター、保健所などからのレスキュー活動、日常の出来事

「私が死んだら愛犬にも安楽死を」  (米女性、愛犬を安楽死させ一緒に埋葬をと遺言)

【海外発!Breaking Newsはアリかナシか。】「私が死んだら愛犬にも安楽死を」米女性の遺言が物議をかもす。


米女性、愛犬を安楽死させ一緒に埋葬をと遺言(画像はfoxnews.comのスクリーンショット)

20150208220509731.jpg



米インディアナ州の女性が、「私が死んだらこの子も安楽死させ、一緒に埋葬してください」との遺書を残して息を引き取った。深い絆と愛情で結ばれ、片時も互いのそばを離れなかった女性とその愛犬。だが犬にも生きる権利がある。そのような遺書は果たして愛情といえるのか、愛犬家の間で物議をかもしている。



人生は約80年なのに対し、犬の寿命は長くとも20年弱。悲しい話だが、ペットを飼う際にはその死が必ず訪れることが分かっているものである。だが自分が先に死ぬであろうことが分かり、そして愛犬を預ける先が見つからない時、「いっそこの子も一緒に死んだ方が幸せ」と飼い主は一瞬でも考えないだろうか。それを実際に遺言にしたためたある女性の話題に注目が集まっている。



飼い主が先に逝くような場合、欧米ではそれ相当の遺産を添えて動物保護施設に犬の世話をゆだねることが多く、犬は一生をそこで過ごすか、新しい飼い主が見つかればそちらの手に渡ることもある。だが米『FOX News』が伝えているところによれば、インディアナ州ディアボーン郡で先月25日にこの世を去ったコニー・レイさんの希望はそれとは違った。彼女は「愛犬ベラを安楽死させ、私たちをどうか一緒に埋葬してください」との遺書を残したのである。




ジャーマン・シェパード・ドッグのベラは健康で、現在は郡の動物愛護施設で世話してもらっている。ベラの安楽死に反対する動物愛護活動家の中には「うちで引き取りたい」との声も出ているが、そう簡単な話ではない。同州では“飼い主はペットの運命を決める権利を有する”と定められており、遺言なども優先されるという。また動物愛護施設は人々からの善意の寄付金で運営されているが、預かる頭数にも限界があることから、ベラの主治医である獣医もレイさんの遺志に同意したのだ。



現在ベラを預かっている施設は「私どもは決してそのようなむごいことを行いません」と主張するが、ベラがその獣医のもとに運ばれて安楽死を遂げる可能性は高いもようだ。犬は自分の意思を言葉で話すことはできない。“飼い主はペットの運命を決めてよい”という権利が法によって認められているものの、これをめぐって愛犬家の間で喧々囂々の議論が続いている。


転載記事
ーーーーーーーーーー


動物愛護活動をおこなっていて

ここ数年は特に

高齢者の増加と共に

飼主を亡くした動物の行き場がなくなり

保健所や、センターなどの収容や

また、収容を断られ捨てられたり

そのまま放置され死亡している動物も数多くあります。


真剣に考える時かもしれません。


批評は誰にも言える事ですが

残った動物は、生活するためには、人の手がいります。





グリコ君の手術を明日に控え考えさせられる問題です。


グリコ君は、点滴を500ccしたので

脱水状態などはありませんが

水も食べ物も一切取りませんでした。

体重も15,4キロから数日で14,2キロまでにおちています。


明日無事蘇生して帰ってきてほしい。

ただ、それだけが願いです。

20150208221614672.jpg





飼い主のいない保護動物を助ける活動費用のご寄附
ご協力宜しくお願い致します



  ぶひ.ぶる.グリコセカンドライフキキン
 
  

ゆうちょ銀行
15470
2590 8211

ゆうちょ銀行以外の方は


【店名】 五四八 
【店番】 548
 
 
また募金箱を設置させて頂ける所がありましたらお教えください


ランキングをクリックしていただけますと
一人でも多くの心優しい方の目に触れることで命を繋ぐことになりますので
ご協力よろしくお願い致します。



    



      ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 里親募集へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

里親募集(猫) ブログランキングへ

病気になれば高額な治療費を要し、将来は介護だってあります
15年余の終生飼育は相当な覚悟が必要です
無理があれば飼わないのも愛情


スポンサーサイト

Comment

グリコ君がんばって。手術の成功と回復を祈ってます。

2015.02.09(Mon) 01:37       ましろ さん   #-  URL       

ましろ 様

ご心配をおかけしています。
先ほど病院から電話があり
内視鏡で胃の異物?はなく
十二指腸が特にただれていたようです。
細胞検査結果待ちで今後の方針を考えて生きたい所存です。

今後も応援頂きます様に努力致します。

2015.02.09(Mon) 15:02       グリコまま さん   #-  URL       

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント