あにまるセカンドライフin岡山 

愛護センター、保健所などからのレスキュー活動、日常の出来事

【犬譲渡条件】【ボランティアに参加したい】

以下の条件を満たし、犬猫の飼養についてある程度の知識を持ち また譲渡される犬猫が将来発症しうる問題点等を充分理解した上で 適正な飼養の出来る覚悟のある方に譲渡を行っています。 何らかの軽い病気にかかった場合でも、致命的なことになりかねないので、すぐに動物病院へ相談するようにしていただき 予防や病気に関してもとても専門的な知識が求められます。一番大事なのは、信頼できる動物病院で且つ、いつでも相談できるよ...

Read More

岡山に鳥の専門病院開院 初診丁寧に飼い方指導

http://www.sanyonews.jp/kikaku/news_detail/599514/?rct&&column3岡山に鳥の専門病院開院 初診丁寧に飼い方指導 鳥の健康診断の様子。肉付きや羽に異常がないかなどを総合的に調べる こまめに体重をチェックすれば、体調の変化に気付きやすくなる 今年3月、岡山市北区横井上に、インコなど家庭で飼育される鳥の専門病院として、「ほたる小鳥病院」が開院した。中国地方ではまだ珍しいため、岡山県内だけでなく、近県からも診...

Read More

「多頭飼育」対策で指針=飼い主ケアで連携-環境省

「多頭飼育」対策で指針=飼い主ケアで連携-環境省2017年09月15日05時22分  環境省は、犬や猫などのペットに不妊去勢手術をせず、増え続けて管理できなくなる「多頭飼育崩壊」に対処するため、2018年度から自治体向けガイドラインの作成に取り組む方針を決めた。動物愛護担当部局と、飼い主をケアする福祉部局との連携方法などを示す。同省は検討会を立ち上げて先進的な取り組みを研究する方向で、18年度予算概算要求...

Read More

茶豆の月命日 と台風と認知症の義母との避難生活

凄い雨風の台風でした。近くの川が氾濫しスマホの警報が鳴りっぱなし認知症の義母を二階に避難させグリコパパはお仕事で出張中不安な時間を過ごしましたが不安を見せるとばーちゃんがまた、パニックになるし犬たちも不安になるので平常心で今回の台風は雨量がすごくって認知症で家の中を徘徊する義母とても、連れて避難場では無理だとかんじました。まだ安静の身のグリコままなんかたいへんでした。で、明日は1年で最も良い日らし...

Read More

脊柱脊髄狭窄症とペットロスの関係

ご心配をおかけいたしています。本日の精密検査結果頸椎狭窄症は決定的でしかし場所と痺れなどの疾患の元の原因は狭窄なんですが原因の2番目は、バーさんの介護のストレスから(レビー小体型認知症)心のバランスが崩れかかってる時に茶豆ちゃんの若いパワーで未来を描いてどうにかバランスを保っていましたが突然に骨髄骨化症で亡くなり心の風邪引き(ペットロス)でストレス反応が高くダイレクトに神経にきて末端神経痛から全体...

Read More